T.SUGIの小説置き場

T.SUGI(勇樹のぞみ)が書いたSS、ファンフィクション、オリジナル小説の置き場です。

最終更新:2019/5/16「ガンダム世界でスコープドッグを作ってたらKMF紅蓮に魔改造されてしまった件」「第9話 翔べるの? ガンキャノン Bパート」を掲載


更新記録

■機動戦士ガンダム
 ガンダム世界でスコープドッグを作ってたらKMF紅蓮に魔改造されてしまった件

 宇宙世紀公式のオカルト的存在、MSイグルー登場の死神(CV:井上喜久子)の手によってファースト・ガンダムの世界に転生してしまった主人公。
 実用的な人型陸戦兵器は全高5メートル以下、ボトムズのアーマードトルーパーあたりが限界というので、ポケ戦登場のミドルモビルスーツ、ドラケンEにグライディングホイールを付けてローラーダッシュさせスコープドッグもどきにしていたら、まさかの地球連邦軍制式採用。
 更にガンダム開発者テム・レイの手で魔改造されコードギアスのKMF紅蓮もどきに発展!?
 これは、むせる最低野郎(ボトムズ)なリアルロボットバトルを想定する主人公と、それを変態的科学力でひっくり返すテム・レイ博士の熱きせめぎあいの物語である。

注:ドラケンEがビームサーベルを使えるのは書籍やサンライズが運営するガンダム情報の公式ポータルサイト「GUNDAM.INFO」に載っていることで作者の独自設定ではありません。
(Web小説投稿サイトハーメルンにも掲載しております)

  序章 ザクを討つもの、それは……
  閑話1 ドラケンEがビームサーベルを使えるわけ
  第1話 ガンダム大地に立たない!!
  第2話 ドラケン破壊命令 Aパート
  第2話 ドラケン破壊命令 Bパート
  第2話 ドラケン破壊命令 Cパート
  第2話 ドラケン破壊命令 Dパート
  第3話 敵の補給艦を叩いて砕く Aパート
  第3話 敵の補給艦を叩いて砕く Bパート
  第3話 敵の補給艦を叩いて砕く Cパート
  第3話 敵の補給艦を叩いて砕く Dパート
  第4話 ルナツー脱出作戦 Aパート
  第4話 ルナツー脱出作戦 Bパート
  第4話 ルナツー脱出作戦 Cパート
  第4話 ルナツー脱出作戦 Dパート
  第5話 大気圏突入 Aパート
  第5話 大気圏突入 Bパート
  第5話 大気圏突入 Cパート
  第5話 大気圏突入 Dパート
  第6話 ガルマ出撃す Aパート
  第6話 ガルマ出撃す Bパート
  第6話 ガルマ出撃す Cパート
  第6話 ガルマ出撃す Dパート
  第7話 コア・ファイター脱出せよじゃない Aパート
  第7話 コア・ファイター脱出せよじゃない Bパート
  第7話 コア・ファイター脱出せよじゃない Cパート
  第7話 コア・ファイター脱出せよじゃない Dパート
  第8話 戦場は荒野 Aパート
  第8話 戦場は荒野 Bパート
  第8話 戦場は荒野 Cパート
  第8話 戦場は荒野 Dパート
  第9話 翔べるの? ガンキャノン Aパート
  第9話 翔べるの? ガンキャノン BパートNew!

  ミドルモビルスーツ ドラケンE改 設定(随時更新)New!

 【ネタ】機動戦士ボール(ファーストガンダム・記憶逆行)
  第一話 ボール、ジオンに起つ
  第二話 覚醒のアヤ・サカキ
  第三話 三社共同開発
  第四話 キシリア・ザビ
  第五話 ジオンカラーのボール
  第六話 EMS−04ヅダ
  第七話 戦場の絆
  第八話 次期主力兵器競合試験
  第九話 赤は緑の三倍
  第十話 モビルスーツ演習
  第十一話 動く棺桶
  第十二話 開戦
  第十三話 宇宙の蜉蝣
  第十四話 赤い彗星、誕生秘話
  第十五話 ブリティッシュ作戦
  第十六話 ルウム戦役
  第十七話 南極条約締結の裏で
  第十八話 地球侵攻作戦
  第十九話 青い巨星
  第二十話 V作戦
  第二十一話 アムロ・レイ
  第二十二話 良いツノ
  裏二十二話 ボール機雷散布ポッド装備タイプ
  第二十三話 ソロモン防衛戦
  第二十四話 恐怖! 機動ボール
  第二十五話 サイコミュ高機動試験用ボール
  第二十六話 宇宙要塞ア・バオア・クー
  最終話 戦後復興

 【ネタ】機動戦士ドラッツェ0083 STARDUST MEMORY(ガンダム0083 ifストーリー)
  第1話「ドラッツェ強奪」
  第2話「終わりなき追撃」
  第3話「出撃ボスニア」
  第4話「テキサスの攻防戦」
  第5話「ドラッツェ、星の海で」
  第6話「フォン・ブラウンの戦士」
  第7話「蒼く輝く炎で」
  第8話「策謀の宙域」
  第9話「ソロモンの悪夢」
  第10話「激突戦域」
  第11話「ラビアンローズ」
  第12話「強襲、阻止限界点」
  最終話「駆け抜ける嵐」

 【ネタ】機動戦士ガトル(ファーストガンダム・ジオンifもの)
  第一話 ガトル、ジオンに降り立つ!!
  第二話 翔べ! ガトル
  第三話 ガトル解体命令
  第四話 次期主力兵器競合試験
  第五話 メイ・カーウィン暗殺命令
  第六話 シミュレーション講習
  第七話 MS−06AザクII
  第八話 統合整備計画
  第九話 開戦
  第十話 ルウム戦役
  第十一話 地球侵攻作戦
  第十二話 V作戦
  第十三話 オデッサ・デイ
  第十四話 ソロモン防衛戦
  最終話 終戦

■機動戦艦ナデシコ
 本編if
  恋愛ではなくif
  まねっこきつね(前編)
  まねっこきつね(後編)
  約束
 劇場版アフター
  30分だけの ラピス・サイド
  30分だけの ハーリー(と見せかけてルリ)・サイド
 アナザーストーリー
  海洋資源調査船「なでしこ」
   〜決戦、なでしこVS原子力潜水艦〜(前編)
   〜決戦、なでしこVS原子力潜水艦〜(後編)
   〜ほろ酔いルリの航海日誌・大晦日編〜
  海洋資源調査船「なでしこ」激ラブ外伝
   〜私だけのチキンライス〜
   〜リトル・ロマンス〜
   〜ファースト・キス〜
   〜乙女の悩み〜
   〜Hungry?〜

■月姫
 琥珀
  甘すぎる痛み
 秋葉
  蛍狩り
  蛍狩りの前に
 アルクェイド
  アルクェイド・ブリュンスタッドは猫を飼っている

■Kanon
 美汐のスクーター日記
  『最速伝説?』
  『ツーリング日和』
  『バイク便ライダー』
  『限界バトル』
  『Grandfather's Clock』
  『あゆさんとチョイノリ』
  『レイニー・ライダー』
  『雨の後は』
  『タンデムシートの価値は?』
  『夏本番』
  『怖い話』
  『本気で怖い話』
  『残夏の雨』
  『ゆるゆるです』
  『ポケットの中には』
  『雪中行軍』
  『倹約式防寒対策』
  『ヘルメット談義』
  『お金がない?』
  『Feeling Heart』
  『いつものところ』
  『マリア様が見てますよ』
  『コーヒーラリーレイド』
  『奴らは群れでやってくる?』
  『ぽっきりですか?』
  『紅葉降る場所で』
  『真夜中に抜け出して』
  『巫女さんですよ?』
  『チョコレートは砕けない』
  『酷道です』
  『二人乗り解禁?』
  『スリップサインは……』
  『何も考えずに走れ!』
  『最大積載量は積めるだけ』
  『無事是名馬』
  『キノコ狩り』
  『叶うことなら時を止めて』
  『二人で半分こ』
  『どんと焼き』
  『黒いアイスの恐怖』
  『盗難対策』
  『猫踏んじゃったッ!?』
  『ガス欠ですか』
  『買い物談義』
  『Good-by Tears』
  『Good-by Tears(帰路編)』
  『燃え尽きるほどヒート?』
  『スクープ? 衝撃の瞬間』
  『未来予想図』
  『猫とスクーターと私』
  『てぶくろをかいに』
  『春一番』
  『砂の嵐に隠されて』
  『冒険百連発!』
  『方向音痴?』
  『Blue Water』
  『ねこめーわく』
  『友情パワー? チョイノリ激走!!』
  『タイヤから5寸釘』
  『倉田先輩と秘密のドライビングテクニック』
  『あられやこんこん まめこんこん』
  『寂しさと優しさと』
  『One for all, all for one』
  『舞い散る桜の中で』
  『菖蒲湯』
  『I'll be back』
  『いるもの、いらないもの、どうでもいいもの』
  『花火大会と浴衣と』
  『月はいつもそこにある』

 短編
  秋子
   本当のぬくもり
  美汐
   それはたぶん雪のせい
  美汐、真琴、舞、佐祐理
   まねっこきつね
  舞、佐祐理
   食堂は今日も平和
 
 Kanon版ドラゴンクエスト3攻略日誌『香里の僧侶一人旅』
  プロローグ編
  アリアハン編
  ロマリア編
  アッサラーム編
  イシス編
  ポルトガ編
  エジンベア編
  精霊の泉編
  ジパング編
  サマンオサ編
  不死鳥のほこら編
  バラモス城編
  アレフガルド編
  ゾーマの城編

 Kanon版ドラゴンクエスト3攻略日誌『真琴の魔法使い一人旅』
  プロローグ編
  アリアハン編
  ロマリア編
  イシス編
  ピラミッド編
  ノアニール編
  ダーマ神殿編
  エジンベア編
  精霊の泉編
  ジパング編
  ネクロゴンド編
  バラモス城編

■ドラゴンクエスト2
 ドラクエ2〜雌犬王女と雄犬〜(現実→雄犬に憑依)
  序章 月下の出会い
  第一章 始まりの物語
  第二章 旅の準備
  第三章 旅立ち
  第四章 リリザの街
  第五章 ローレシア城
  第六章 泉の洞窟
  第七章 ムーンブルク城
  第八章 風の塔
  第九章 ルプガナの街
  第十章 アレフガルド
  第十一章 デルコンダルの城
  第十二章 南の島ザハン
  第十三章 金の鍵
  第十四章 ペルポイの街
  第十五章 竜王の城
  第十六章 ベラヌールの街
  第十七章 テパの村
  第十八章 急変
  最終章 悪魔神官

■オリジナル
■魔法仕掛けの妖精人形とそのマスター

 呪術とマスケット銃、そして様々な異種族が入り混じる混沌都市。
 異世界を舞台に魔装妖精と呼ばれる小さな自動人形(オートマタ)とそのマスターが駆け抜ける!

 フレームアームズ・ガール、武装神姫、メガミデバイス。
 人間のパートナーとして造られた身長15センチ前後のフィギュアロボ。
 彼女たちを退廃的なディストピア、スチームパンクっぽい異世界に放り込んでみました。
(オリジナル小説としても読めます。ハーメルンにも掲載)

 01 憧憬
 02 裏の仕事の時間
 03 猫妖精の仲介屋とクノイチ型魔装妖精
 04 スミスという名の依頼人
 05 仕事(ビズ)の内容と報酬(ギャラ)
 06 スニーキングミッション
 07 フリントロック式グレネードランチャー
 08 小鬼とブービートラップ
 09 襲撃者
 10 ブツの回収
 11 裏切り
 12 死なない男
 13 再び金の腕亭へ
 14 食事、そして異変
 15 強襲
 16 拘束
 17 生死を問わず(デッド・オア・アライブ)
 18 現状確認は手っ取り早く
 19 尋問
 20 マスター、そこをどいて下さいな。そいつ、壊せないっ。
 21 ドコにナニをねじ込ませる気だ
 22 何を知っているかではなく、誰を知っているかだ
 23 合法ロリの銃職人
 24 アルベルタの過去
 25 酒は蒸留酒に限る
 26 手札は何枚でも持つもの
 27 夜を歩むもの(ナイトウォーカー)
 28 クロックアップ
 29 喪失者
 30 奪還の指示
 31 最終通告と、それを理解できない女狐と
 32 小さな彼女の嫉妬
 33 巨大商会の代理人
 34 潜入準備
 35 潜入
 36 下水道へ
 37 サドンアタック
 38 一瞬の死闘
 39 不死身の人狼
 40 信じるということ
 41 最後の適合者(マスター)
 42 適合者を持った魔装妖精の力
 43 切り札
 44 命の配達(デリバリー)
 45 結末、そして黒い裏話
 最終話 妖精と共に歩む未来

■パンツァー・アンド・マジック

 アニメ『ガールズ&パンツァー』で日本戦車に興味を持った筆者が集めた知識を元に書いたラノベです。
 某新人賞で最終選考まで行きましたが編集長に「いいと思うけどマニア向け過ぎて売り物にならない」(意訳)と言われ落選したものです。
 文末のライナーノーツでは、参考資料や制作の裏側をまとめた解説付きで掲載しています。
 ガルパンファンやモデラーで日本戦車についてもっと知りたいという方はどうぞ。

  序章 異界、大日本帝国−1
  序章 異界、大日本帝国−2
  序章 異界、大日本帝国−3
  序章 異界、大日本帝国−4
  第一章 松代大本営−1
  第一章 松代大本営−2
  第一章 松代大本営−3
  第一章 松代大本営−4
  第一章 松代大本営−5
  第一章 松代大本営−6
  第一章 松代大本営−7
  第二章 旅立ち−1
  第二章 旅立ち−2
  第二章 旅立ち−3
  第二章 旅立ち−4
  第二章 旅立ち−5
  第二章 旅立ち−6
  第二章 旅立ち−7
  第三章 約束−1
  第三章 約束−2
  第三章 約束−3
  第三章 約束−4
  第三章 約束−5
  第三章 約束−6
  第四章 予兆−1
  第四章 予兆−2
  第四章 予兆−3
  第五章 真相−1
  第五章 真相−2
  第五章 真相−3
  第五章 真相−4
  第五章 真相−5
  第六章 鉄壁に挑む−1
  第六章 鉄壁に挑む−2
  第六章 鉄壁に挑む−3
  第六章 鉄壁に挑む−4
  第六章 鉄壁に挑む−5
  第六章 鉄壁に挑む−6
  第六章 鉄壁に挑む−7
  第六章 鉄壁に挑む−8
  第六章 鉄壁に挑む−9
  第六章 鉄壁に挑む−10
  終章 帰還−1
  終章 帰還−2

LINK

相互リンク募集中です

 このサイトに対するご意見・ご感想等がございましたら、こちらまでお寄せ下さい。
 読めなくなったあの話を載せてくれというリクエストでも結構です。

 当サイトはリンクフリーです。
 相互リンクを希望する方はこちらまでお知らせ下さい。
Tweet
inserted by FC2 system