自転車は車道を走るもの?

■ストライダで車道走行は可能か

STRIDA(ストライダ) 16インチ折りたたみ自転車 シングルスピード アルミフレーム 前後ディスクブレーキ STRIDA LT RED (2015)STRIDA(ストライダ) 16インチ折りたたみ自転車 シングルスピード アルミフレーム 前後ディスクブレーキ STRIDA LT RED (2015)

STRIDA(ストライダ)
売り上げランキング : 603833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 自転車は、原則として車道の左端を走行することが法律で決められています。
 とはいえ、多くの方々が通勤、通学路に利用している幹線道路(片側2車線以上あるような道)で車がびゅんびゅん行き交っているような中に、変速のない小径車のストライダで飛び込んで行くには、結構勇気が要ります。
 ああいうのは、スピードの出るロードバイクなどのスポーツ車だけと思っている人も多いでしょう。
 でも大丈夫。
 それをこれから説明します。

■ママチャリだって、車道走行している
 実際、車道を走りだして分かるのは、ママチャリで車道走行している人もいるということです。
 ストライダは小径車ですがママチャリ並の走行性能は備えています。
 よくある中国製の激安車が相手なら、工作精度の差で、こちらが上です。
 抜き去る機会も多くありますので、安心して走りましょう。

■2車線、3車線路の左端の車線は空いている?
 環境にもよりますが、複数車線がある道路では、自転車が走るべき左端の車線が空いている場合が多いです。
 これはなぜかと言いますと、通行の障害になる路上駐車車両が多く停まっているからです。
 それに引っかかりたくないから、自然と車は外の車線に流れ、自転車は左端の車線を自由に使うことができるのです。
 自転車にとっても、路上駐車車両は通行の妨げにはなりますが、こういった車両は左端に寄せて停めてありますから、車線の右側は、車は無理でも自転車なら十分通れるようになっているのが大半です。
 ただし、駐車車両を追い越すときには、急に開くドアに注意が必要です。
 リアウィンドウから車内を覗いて動向を確認する。
 それが不可能なトラックやスモークウィンドウの車の場合は、いつでも停められるよう身構える。
 もしくは、隣の車線が空いているようなら、必ず後方確認をきちんとしてから、最初から車線変更して避けてしまうというのも手です。
 ちなみに、車線の右側が空いていない、つまり駐車車両が道路左端に寄せきっていない場合に、車の左側が空いているからといってそこを通るのは危険です。
 そういう車は、人を降ろすためドアを開けるスペースを、歩道との間に取っている場合が多いのです。
 駐車車両を追い越す場合は、必ず右側から行うようにしましょう。
 早めに後方確認をし、車が来ないことを確認して、車線を変更する。
 これが、どうしても不可能な場合は、一時的に歩道に避難するというのも手です。
 ただし、歩道は歩行者の物。
 通らせてもらっているということを忘れずに安全走行をしましょう。
 なお、空いている左端車線ですが、同じくこの車線を利用している、原動機付き自転車、そして他の自転車の存在を忘れてはいけません。
 駐車車両をパスしようと車線右端に寄ろうとしたら、自分を追い越そうとしていた原付やロードバイクと接触した、などという事故も考えられます。
 また、タクシーは客を降ろしたり乗せたりするためか、駐車車両の合間を縫って左端車線に頻繁に入ってきますので、これもまた注意が必要です。

■車道走行の利点
 法を守るという側面もありますが、その他にも車道走行には利点があります。
 まず、路面に段差が少なく、障害物も少ないので減速せずに済む。
 結果として、少ない力でスピードを出すことができます。
 また、歩行者が居ないため、事故を起こす確率も減ります。
 精神衛生上も良いでしょう。

■車道走行の注意点
 法律を守りましょう。
 具体的には、信号の遵守。
 逆走(自転車は車と同じく左側走行です)、無灯火、傘差し、携帯を見ながらの運転の禁止。
GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355BGENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

GENTOS(ジェントス) 2010-03-20
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 夜間は必ずライトは付けましょう。

 信号を歩行者感覚で無視している自転車を多く見かけますが、これは絶対に止めましょう。
 車が来なければいいじゃないか、という方も居ますが、人間である以上、見落としは絶対にありますし、思いもかけない事態が発生することもあります。
 実際に私が見た例では、左右を見渡し、車が来ないことを確認した上で、交差点を渡りだした自転車がありましたが、これが渡り終えようとした所にクラクションと共に自動車が猛スピードで突っ込んで来たというのがありました。
 これは、信号に間に合わせるために、車が制限速度を無視して突っ込んで来たのが原因ですが、このようにちゃんと安全確認をして渡ったとしても危険な目に遭う場合があります。
 自衛の為にも信号は守った方がいいです。
 また、黄信号での交差点への進入も避けた方がいいです。
 車やバイクなら、スピードがありますから、そのまま抜けられるでしょうが、自転車のスピードでは渡りきる前に赤になってしまいます。
 何より、対向車線には信号の変わり目を狙って右折しようと待っている車が居ます。
 自転車は見落とされ易いため、これとの接触事故が起こることが多いのです。
 歩行者用信号の点滅などを見れば、信号の変わり目はあらかじめ分かるはずです。
 信号が黄色になったら停車するようにしましょう。
 逆走(自転車は車と同じく左側走行です)、無灯火、傘差し、携帯を見ながらの運転は、禁止されている以前に、安全性から問題外ですが、路上走行をしていると、結構な確率で遭遇します。
 逆走車(そういうのに限って無灯火だったりします)に遭遇した場合、彼らは車道左端にべったりと張り付いて、絶対にこちらに道を譲ろうとはしません。
 対向車が怖いからなのですが、それなら最初から逆走などしなければ良いと思うのですが。
 ともあれ、ここで法律違反をしているのだから、道を譲るのは向こうの方だと意地を張っても、相手には通じません。
 こういう危険な自転車と遭遇した場合は、さっさと回避してしまった方が安全です。
 後方確認をしてから、あらかじめ避けてすれ違いましょう。
 また、お勧めできないのがイヤホンで音楽を聴きながらの走行です。
 自動車だってカーステレオをかけながら走っているじゃないかという意見もありますが、車と自転車が接触したら自転車の方が一方的に被害を受けます。
 自衛の為にも聴覚はフリーにしておいた方がいいと思います。
 後方から接近してくる自動車、バイク、時には自転車を最初に察知するのは耳ですからね。
 自転車は五感を駆使して乗るものですから、それを妨げるようなまねは避けた方がよろしいかと。

■車の動向に気を付けよう
 車道を走る以上、車に追い越されるのは当たり前ですが、時としてさっさと抜いて行かず、こちらと併走しだす車があります。
 これは非常に危険ですので、すぐさま減速するなりして、先に行かせるようにしましょう。
 というのも、左端の車線に入って自転車と併走するような車、つまり加速せず減速する車は、車道の左端に寄せて停車する、もしくは次の交差点で左折する可能性が高いのです。
 そのまま併走していると必ず巻き込まれ、事故を起こしますので急いで回避しましょう。
 私の経験では、交差点直前で追い越しにかかった車が、なぜか加速せず、そのまま自転車と併走。
 そしてウィンカーも出さずに左折したため自転車が巻き込まれるといった事故を目にしたことがあります。
 こういった車には、十分注意しましょう。

■ヘルメットの勧め
OGK KABUTO(オージーケーカブト) GAIA-R [ガイア-R] ブラック XL/XXLOGK KABUTO(オージーケーカブト) GAIA-R [ガイア-R] ブラック XL/XXL

OGK KABUTO(オージーケーカブト) 2014-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 車道を走る方には、ぜひとも身に着けて頂きたいのがヘルメットです。
 事故の際に頭部を守るという事もありますが、それ以外に、これをかぶっていると「速そうに見える」というのがポイントです。
 ストライダも含めた小径車は、あまり速い自転車に見えないことから、無理な追い越し、幅寄せを自動車から受ける場合があります。
 それが、ヘルメットを付けることによって「速そうに見える」ようになりますから、車から一目置かれ、理不尽な扱いを受けなくなるのです。
 車へのアピールと言う意味で、身に着けて頂きたいと思います。

トップページへ戻る
Tweet

inserted by FC2 system